2010年05月08日

シラン(紫蘭)

Bletilla striata Reichb. fil.
シラン(紫蘭)
2010年05月01日 大阪城公園にて

シラン(紫蘭)
2010年05月02日 大阪城公園にて


ラン科 Orchidaceae
シラン属 Bletilla
シラン B. striata

日本、台湾、中国原産の地生ランで、日向の草原などに自生する。

野生のものは準絶滅危惧種。しかし栽培品として広く普及しており、種子が飛散して栽培逸出することもあるため、野生状態のものも本来の自生個体かどうか判別は難しい。

地下にある偽球茎は丸くて平らで、前年以前の古い偽球茎がいくつもつながっている。葉は、最も新しい偽球茎から根出状に3枚から5枚程度出て、幅の広い長楕円形で、薄いが堅く、表面にはたくさんの縦筋が並んでいる。花期は4月から5月。花は紫紅色で、30から50cm程度の花茎の先に数個つく。花弁は細長く、あまり開ききらないような感じに咲く。

観賞用に、花の色が白色のもの、斑入りのもの、淡色花、花弁が唇弁化した「三蝶咲き」などがある。
ウィキペディア(Wikipedia)より引用


僕にとっては、ラン目もユリ目も同じ単子葉植物綱ということでシランもシャガも大して変らないような気がしてしまいます。実にいい加減ですね。^^;

実際はよく観ると全く違うのに・・・
よく観なくても違うか〜^^;


syousuke0202 at 00:35コメント(2)トラックバック(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 滝ちゃん   2010年05月08日 22:46
どんどん撮影の腕を上げるね〜!!

とっても素晴しいです。

「花」の不思議な部分がよ〜〜く見えるよ。

これからも楽しみにしてますよ!
2. Posted by syousuke   2010年05月08日 23:18
>滝ちゃん、こんばんは〜
ありがとう〜^^
と〜っても嬉しいねんけど、腕は全然上がってないのです。^^;
道具がよくなってるからだいぶん誤魔化せてるけど、たぶん昨年より質は落ちてます・・・

でもね、今は色んな種類の花たちに出会って、それを記録するのが目的なので、おっつけ花の無い時期に腕を磨きます。(←負け惜しみ)

いつもご訪問、ありがとう!^^

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント


楽天
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: