2010年05月05日

ナンジャモンジャの木(ヒトツバタゴ)

Chionanthus retusus
ナンジャモンジャの木(ヒトツバタゴ)

2010年05月02日 大阪城公園にて


ゴマノハグサ目 Scrophulariales
モクセイ科 Oleaceae
ヒトツバタゴ属 Chionanthus
ヒトツバタゴ Chionanthus retusus

同じモクセイ科のトネリコ(別名「タゴ」)に似ており、トネリコが複葉を持つのに対し、本種は托葉を持たない単葉であることから「一つ葉タゴ」の和名がある。

中国、台湾、朝鮮半島および日本では対馬、岐阜県木曽川周辺、愛知県に隔離分布する珍しい分布形態をとる(但しこれらの地域以外でも植栽の種が風や野鳥に運ばれ自生している自生種の樹木を観察することが出来る場合がある)。成木で樹高は20mを超える大型の落葉高木。幹は灰褐色で縦に切れ目が入る。 葉は長楕円形で4cm-10cm程度となり、長い葉柄を持ち対生する。花期は5月頃で、新枝の枝先に10cm程度円錐形に集散花序をつける。花冠は深く4裂する。雌雄異株であるが、雌花のみをつける株は存在せず、雄花をつける株と、両性花をつける株がある雄株・両性花異株である。秋に、直径1cm程度の楕円形の果実をつけ、黒く熟す。
ウィキペディア(Wikipedia)より引用


ナンジャモンジャの木(ヒトツバタゴ) ナンジャモンジャの木(ヒトツバタゴ)


好天候に恵まれた連休、大阪城天守閣前の広場は観光客に賑わっていました。
中でも一際目立って人気者になっていたのはこの木!

はじめてみました〜♪
テープ状の花弁が4枚でヒラヒラしているので、トキワマンサクの仲間かと思いましたが違うんですね〜
何の木じゃ〜って思ってたら、「ナンジャモンジャの木」ですって!^^

雄花と両性花をじっくり観察するべきでした。
花期は非常に短いそうです。
まだ咲いていてくれたらいいのですが・・・


ナンジャモンジャの木(ヒトツバタゴ)


とっても良い香りでした〜♪


syousuke0202 at 23:21コメント(2)トラックバック(0)

Share (facebook)    

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ゆったり忍者   2010年05月07日 18:53
初めての訪問です。
カメラも草花も趣味を超えで勉強されているご様子に感服。今後師として時々お伺いしますのでよろしく!
 
2. Posted by syousuke   2010年05月07日 19:12
>ゆったり忍者さん、はじめまして!
こんにちは、ご訪問ありがとうございます。
カメラも草花も好きなだけで度素人なんで、記事の内容に関しては頭から疑ってかかってくださいね。^^;
逆にお気づきの点がございましたらご指摘いただければ嬉しいです。^^

これからも、ボチボチ勉強していきますのでよろしくお願いします。
また、お立ち寄りくださいませ。^^

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ご訪問者数(UU)since2012/7/8
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページ閲覧(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: