2010年04月13日

リキュウバイ(利休梅)

Exochorda racemosa
リキュウバイ(利休梅)
2010年04月03日 大阪城公園にて

リキュウバイ(利休梅)
2010年03月22日 大阪城公園にて


バラ科 Rosaceae
シモツケ亜科 Spiraeoideae
ヤナギザクラ属 Exochorda
リキュウバイ E. racemosa

リキュウバイは中国揚子江下流域原産の落葉小高木。和名は「利休梅」であり、茶花として利用されることにちなむという。低く剪定すると勢いのある幹が立ち上がる樹形となるが、落ち着いてくると枝先が垂れて茶花の趣が出てくる。マルバヤナギの別名があるが、枝先が垂れ下がった姿のものをみると、納得できる。花弁の形には変化があるので、花全体の形がはっきりしない。ちょっとぼんやりとした花の姿も面白い。
(波田研)のホームページより引用


去年、花の写真を撮りはじめた頃にこの花と初めて出会いました。
ずっと花の名前が分からず、やっとたどり着いたのが「ヤナギザクラ」。

でも、このヤナギザクラ属の中でも「ヤナギザクラ」と「リキュウバイ」は別物らしい。厄介な事にその違いを明確にしているWEBや図鑑が見当たらない!

ようやく分かった事は、リキュウバイの葉には鋸歯があるらしい。

しかし、これも有るものと無いものがあるらしい。
しかも、花期が終わってから出ることもあるという・・・

よ〜く探してみると大阪城公園内に4箇所5本のヤナギザクラ属の木がありました。
5本のうち、4本は5弁花、しかし1本は6〜7弁の花が咲く。

観察を続けると、5弁花の方には念願の鋸歯が現れた!
これで「リキュウバイ」と同定できる・・・ と、思う。^^;

では、一本だけがヤナギザクラなのかと思っていると・・・
こちらにも、鋸歯が出現!

おそらく変わり咲きのものを含めて、5本共にリキュウバイではないかと思います。

気軽に花の名前をタイトルにしていますが、これほど種の同定が難しいとは・・・

間違いを発見された方は、是非ご指摘お願いいたします。m(_)m



リキュウバイ(利休梅) リキュウバイ(利休梅)
5弁花と変り咲き


5弁花の方は柱頭も5つに分かれているが変り咲きの方は分かれ方も多い!
そして花糸は花弁ごとに3本ずつ行儀良く出てるんですね〜
よ〜く見ると面白い!^^


リキュウバイ(利休梅) リキュウバイ(利休梅)

花の付いている枝の葉には鋸歯は認められなかったが、花期が終わってからの新葉には鋸歯が出現!

こりゃぁ、マクロレンズを早く入手しなければ・・・ ^^;


<2014/04/02 追記>
ヤナギザクラ(学名 Exochorda serratifolia)はリキュウバイに比べて花の内部が褐色になっている点が少し違うようです。

<2014/04/30 追記>
方人さんより、リキュウバイとヤナギザクラの品種の識別点をコメントいただきました。とても参考になりますので追記させていただきます。
・E.serratifolia(ヤナギザクラ)>>>葉身の真ん中より上に鋸歯がある
・E.recemosa(リキュウバイ)>>>葉身は主に全縁、時々先端に鋸歯が有る

ヤナギザクラの学名で種小名 "serratifolia" は鋸歯があることの意ですのでヤナギザクラで全縁の葉あるのはおかしく思えます。


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ



syousuke0202 at 00:24コメント(2)トラックバック(0)4月の撮影 | 白い花  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 方人   2014年04月30日 10:38
syousukeさん、こんにちは。
私も先日以来リキュウバイとヤナギザクラの識別ポイントが知りたくて調べています。
どちらも中国原産ということから”Flora of China"を調べてみました。

リキュウバイとヤナギザクラの品種の識別点を簡単に書けば次のようです。

・E.serratifolia(ヤナギザクラ)>>>葉身の真ん中より上に鋸歯がある
・E.recemosa(リキュウバイ)>>>葉身は主に全縁、時々先端に鋸歯が有る

ヤナギザクラの学名で種小名 "serratifolia" は鋸歯があることの意ですのでヤナギザクラで全縁の葉あるのはおかしく思えます。

ネット検索してもこれぞヤナギザクラというのが見つかりません。ヤナギザクラと言っていてもリキュウバイに見えるものばかりです。


2. Posted by syousuke   2014年04月30日 22:30
方人さん、はじめまして。
私の拙いブログへのご訪問、ありがとうございます。^^
この記事をアップしてから4年経っているのに私の知識は以前のまま、一向に進歩しておりません。恥ずかしながらこれ以上は無理とあきらめて放置していた次第です。

>・E.serratifolia(ヤナギザクラ)>>>葉身の真ん中より上に鋸歯がある
>・E.recemosa(リキュウバイ)>>>葉身は主に全縁、時々先端に鋸歯が有る

ご教授、ありがとうございます。m(_)m
これによると、私のアップしている画像はリキュウバイと考えて大丈夫なようですね。『時々先端に鋸歯が有る』というところが特に腑に落ちました。^^

逆に、ヤナギザクラが全縁だと思っていたのが間違いだと分かって、とても助かりました。

今回ご教授いただいた識別点を念頭に置いて、新たに観察を続けてみたいと思います。
ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたしますね。


コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント


楽天
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: