2010年03月26日

ウンナンオウバイ(雲南黄梅)

Jasminum mesnyi(Syn.J.primulinum)
ウンナンオウバイ
2010年03月17日 与力町運動場前にて


モクセイ科
ソケイ属

別名:オウバイモドキ

ウンナンオウバイは中国西南部原産の常緑低木であり、明治初期に渡来した。茎は根元から多数分枝し、上部で垂れ下がるので斜面への植栽が適している。若い茎は緑色で断面は四角形。低い稜があり太くなるにつれて断面は円形になる。葉は対生で3小葉からなり、頂小葉は5cm前後。3月から4月にかけ、直径4cm前後の黄色い花を咲かせる。花はオウバイに似ているが、常緑であることもあってオウバイほどは目立たない。花冠は6〜8つに分かれるが、花の中心から旗弁がでるものもある。中心には1本の雌しべと2本の雄しべがあるが、種子は稔らない。
植物生態研究室(波田研)のHPより引用

ウンナンオウバイ


車道脇の植え込みで出会いました。
一見さりげなく咲いている黄色花、遠目にはカタバミと変らない・・・

よく見ると、見事な二重咲きです。

輪生体が1〜2重のものを単弁咲きとか一重咲きと呼ぶそうなので、これは一般的には「一重咲き」になるのでしょうか?

でも、どう見ても一重の花が二つ重なっているように見えます!

ウンナンオウバイ ウンナンオウバイ

枝垂れた枝がつやつやでプラスチックの添え木のように見えます。
普通は一重で、花冠は6〜8裂し、八重咲きもあるそうですがこれはどちらなのか疑問が残ります。^^;

オウバイに似てるので、オウバイモドキといいますが、オウバイは落葉低木で本種は常緑のようです。





syousuke0202 at 00:01コメント(2)トラックバック(0)

Share (facebook) 3月の撮影  | 黄色い花 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by yama   2010年03月27日 23:54
5 こんばんは♪
オウバイもウンナンオウバイも知っていましたが、詳しい違い確認していませんでした。
これ見せて戴いていましたので、今日お使いの帰り道で見かけたのは、正しくウンナンオウバイでした♪(ウンナンオウバイは大分前に行った小石川植物園で見たのでした)
アップされているように横から見たら、ホント二重咲き?ですね(^_-)
私も知りたい!何咲き?又分かったら教えてください(^^)v

少し前にアップされていた、ギンヨウアカシアとフサアカシアの区別もとてもよく分かりました♪ 今まで、ギンヨウアカシアしか見ていなくて(高木で、花に近寄ってなかった)違いはサイトでしか知りませんでしたが、今年見たのはひと目で「フサアカシア」だと(*^_^*) ありがとうございます♪ この先も、楽しみにしています^^
2. Posted by syousuke   2010年03月28日 03:59
>yamaさん、こんばんは〜
見るもの見るものが全て初見で目まぐるしいです!
一体いままで何を見てきたのかと思います。^^;

アカシアはたまたま偶然両方に出会えてラッキーでした。
とっても悩んだ直後にギンヨウに出会えたんですから!

yamaさんに楽しみって言われると緊張します。
でも、ご訪問ありがとうございました〜
これからもよろしくお願いします♪

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ご訪問者数(UU)since2012/7/8
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページ閲覧(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: