2010年03月15日

ヌートリア(海狸鼠・沼狸)

Myocastor coypus
ヌートリア
2010_03_14 大阪城公園北外濠にて(トリミング)


大阪城公園の散策はほぼ日課のようになっています。
今年になって、北外濠で何度か写真の動物を見かけました。
以前、岡山の吉井川をカヌーで下っていた時に見かけた動物に似ています。
当時は絶滅種の日本カワウソかと思って大騒ぎしたのを思い出しました。^^;

私の愛用のコンデジ(L2)は光学ズームの機能がありません。
マクロ撮影には重宝するのですが、デジタルズームでは役不足のため、遠くの被写体には向かないのが唯一残念です。でも、とってもお気に入りですが・・・^^

昨日のウォーキング時にはデジイチを持っていたのですが、あいにく24ミリを付けていました。いずれ望遠で撮ってみたい!

どうも、この場所でどなたかに餌付けされているようです。



ヌートリア

女の子が近づいてくれたので、大きさの対比が出来てラッキーでした。^^


目 : ネズミ目(齧歯目) Rodentia
亜目 : ヤマアラシ亜目 Hystricognathi
上科 : テンジクネズミ上科 Caviomorpha
科 : ヌートリア科 Myocastoridae Ameghino, 1902
属 : ヌートリア属 Myocastor Kerr, 1792
種 : ヌートリア M. coypus

ヌートリア(海狸鼠・沼狸、Myocastor coypus)は、ネズミ目(齧歯目)ヌートリア科に属する(以前はカプロミス科に分類されていた)哺乳類の一種。

「ヌートリア」とはスペイン語でカワウソ(の毛皮)を意味し、原産の南米では本種のことを「Coipo」と呼ぶ。英名でも「Nutria」より「Coypu」の方が一般的である。かつての日本では、海狸鼠(かいりねずみ)、沼狸(しょうり、ぬまたぬき)などとも呼んだ。

南アメリカを原産地とするが、毛皮を取るために移入したものが野生化し、現在、北アメリカ、ヨーロッパ、日本を含むアジアに帰化して分布する。

頭胴長40-60cm、尾長30-45cm、体重5-9kgの大型の齧歯類である。水辺の生活に適応しており、泳ぎが得意で5分以上潜水することもある。体つきはドブネズミなどに似るが、耳が小さく、後ろ足には水かきがある。オレンジ色の大きな前歯も特徴的。また、水上でも授乳できるよう、乳首がやや背中寄りについている。

半水性で、池沼や流れの弱い河川の岸辺の土手などに巣穴を掘り、普通は雌雄のペアで生活をする。結氷するような寒冷地では生息できない。

主食はマコモやホテイアオイなどの水生植物の葉や地下茎である。明け方と夕方に活発な採餌のための徘徊行動が見られ、日中は巣穴で休息していることが多い。雌は定住的で、雄に比べて行動範囲は狭い。若い個体は新しい縄張りを求めて移出する。

季節を問わず繁殖し、年に2、3回出産をする。妊娠期間は約4ヶ月で、平均5匹の子を産む。十分に発達してから産まれるため、丸一日後には泳げるようになり、3日後くらいには早くも成体と同じ餌を摂り始める。その後約半年で性成熟する。寿命は5-8年程度。

ヌートリアは丈夫で育てやすく、柔らかい上質な毛皮が安価に入手できるため、第二次世界大戦ごろには、軍隊の防寒服用として世界各国で飼育された。日本では1939年にフランスから150頭が輸入され、飼育が奨励された。このころは軍隊の「勝利」にかけて「沼狸」(しょうり)と呼ばれ、1944年ごろには、日本全国で4万頭が飼育されていた。

終戦後、毛皮の需要が激減したことに伴い、その多くが野外に放逐された。また、1950年代の毛皮ブームでは本種の飼育が流行したが、その後の毛皮価格の暴落に伴い、このときも多数が野に放たれ、野生化している。これらの子孫が各地で定着し、西日本各地(広島県、岡山県、島根県、香川県と近畿・東海の各府県)に分布が拡大していたが、千葉県や静岡県の一部でも生息が確認されており、今後も拡大すると考えられる。特に岡山県にはかなりの数が生息しており、年間約800-2000頭もが害獣として捕獲・駆除されている。

日本では侵略的外来種として問題になっており、イネやオオムギ、葉野菜などに対する食害のほか、絶滅危惧種に指定されているベッコウトンボの生息地を壊滅させるなど、在来種の生態系への影響も深刻である。さらに、本種の巣穴は複雑に入り組んでいて深く、水田の畦が破壊される原因にもなっている。2005年6月には、特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(外来生物法)によって特定外来生物に指定されており、50を超える地方自治体が同法に基づく防除計画を策定している。
ウィキペディア(Wikipedia)より


ヌートリア ヌートリア

ヌートリア ヌートリア
2010_02_23 大阪城公園北外濠にて


とっても泳ぎが上手で、ほんとうにパッと見はカワウソと思ってしまいます。^^;

2010_03_14 Ran & Walk




syousuke0202 at 12:36コメント(2)トラックバック(0)動物   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 滝ちゃん   2010年03月16日 22:29
びっくり!!こんなのが居るなんて!!

誰か飼っていたのを、何かの事情で飼えなくなって逃がしたのかな??
まさか「ひとり」で飛行機乗って来ないわなぁ〜(笑)
まさか、なにかの荷物に紛れ込んで来たとも思えんし。

植物、動物、どっちも「生態系」が変わってしまう「生き物」はコワイね〜

最初「ねずみ」かと思ったよ。。。大きいなぁ〜

2. Posted by syousuke   2010年03月17日 02:38
>滝ちゃん、こんばんは〜
大阪城で見かけたときにはそんなに驚かなかったけど、吉井川ではじめてみたときは驚きましたよ〜

でも大阪で出会うのは初めてでした。
旧日本陸軍が毛皮調達用に飼育を推奨していたんです。
で、それが今は帰化して野生化して各地に住み着いているようですね。^^;

可愛いけど、問題ありですわ〜

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント


楽天
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: