2010年01月29日

ユキヤナギ

今年が暖冬なのか、それとも温暖化が原因か気の早いユキヤナギが咲き始めていました。ちょっと早すぎるような気がするけど・・・

植物図鑑 写真:ユキヤナギ
2010_01_28 大阪水上バス「OAP港」付近にて


科 : バラ科 Rosaceae
亜科 : シモツケ亜科 Spiraeoideae
属 : シモツケ属 Spiraea
種 : ユキヤナギ S. thunbergii


まだまだ疎らですが、あっというまに真っ白になるのでしょうね。^^

植物図鑑 写真:ユキヤナギ 植物図鑑 写真:ユキヤナギ

ユキヤナギ(雪柳、学名:Spiraea thunbergii)は、バラ科の落葉低木。別名にコゴメバナ、コゴメヤナギなど。

春に小さい白い花を咲かせる。中国原産という説もあるが、日本原産であると考えられている。

手を掛けなくても生長し、大きくなると1.5mほどの高さになる。地面の際から枝がいく本にも枝垂れて、細く、ぎざぎざのある葉をつける。花は、3月から5月にかけて、5弁で雪白の小さなものを枝全体につける。そのさまから和名がついた。

公園や庭先でよく見かけるが、自生種は石川県で絶滅危惧I類に指定されているなど、地域的には絶滅が危惧されている。
ウィキペディア(Wikipedia)より引用


植物図鑑 写真:雪柳 05
2009年03月18日 昨年撮った満開のユキヤナギ






syousuke0202 at 23:53コメント(0)トラックバック(0)3月の撮影 | 白い花  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント


楽天
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: