2010年01月27日

サザンカシシガシラ

植物図鑑 写真:寒椿(サザンカシシガシラ)
2010_01_28 造幣局前歩道にて

植物図鑑 写真:寒椿(サザンカシシガシラ)
2010_01_27 造幣局前歩道にて


サザンカのつもりが、正確にはカンツバキらしい。
見た目に違いは分からない・・・

もう少し勉強しないといけないようです。^^;


カンツバキ(寒椿)
ツバキ科ツバキ属
開花:12〜2月


カンツバキ(寒椿)は大きく分けて、カンツバキとカンツバキ群に分けられます。
1933年以降にシシガシラ(獅子頭)を関東ではカンツバキとよぶようになったそうです。

シシガシラ(獅子頭)は日本に自生するサザンカとツバキとの交雑によって生まれたと言われるが、諸説あるようです。

シシガシラ(獅子頭)はツバキと同様に新梢に毛がなく、這い性のため「這いカン」と呼ばれます。

カンジロウ(勘次郎)はシシガシラ(獅子頭)のタネから生まれた品種で、立ち性のための「立ちカン」とよばれています。

中国から渡来したとする説、中国産のユチャとツバキとの雑種とする説、サザンカのみから生まれた園芸品種とする説など「シシガシラ」の起源については異説もあるようです。

カンツバキ(寒椿)の特徴
・サザンカに比べ、カンツバキ(寒椿)は花期が冬で、花には香りが無い。 
・若い枝や葉にはサザンカ同様毛が生えている。 
・サザンカのようにいっせいに咲くのではなく、長い間に次々と咲く感じである。 
・雄ずいの一部または多くが花弁に変化して八重咲きや獅子咲きの華やかな品種が多い。

カンツバキ群には11〜1月に開花の白の千重咲きで横張り性の「フジノミネ(富士の峰)」、開花が12〜2月で獅子咲きの「昭和の栄」や乙女サザンカ、日の出富士、朝倉などたくさんあります。真冬の花の少ない時期に咲くので好まれ、低い刈り込みなどによく使われています。
 

寒椿(カンツバキ・寒つばき・獅子頭)は、花びら(花弁)と雄しべが合着する点はツバキ(椿・つばき)と同じで、花びら(花弁)はサザンカ(山茶花・さざんか)と同様一枚ずつばらばらになって散るということは、ツバキとサザンカの両種の特徴を併せ持っているということになります。
またハルサザンカと同様、カンツバキもサザンカの園芸品種群の中の一系統とされるそうです。

厳密には、雌しべの子房に密毛があることを基準に、サザンカ(山茶花・さざんか)に分類するのだそうです。


植物図鑑 写真:寒椿(サザンカシシガシラ) 寒椿(サザンカシシガシラ)

一応、この名盤に間違いが無い事を基準にしています。



syousuke0202 at 20:33コメント(4)トラックバック(0)

Share (facebook) 1月の撮影  | 赤い花 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by yama   2011年01月06日 08:09
5 おはようございます。
今日は寒の入りだそうです! そんな意味?での寒椿だと適当に思っていた私は、昨夜新年初の目眩をおこしてしまいました!
花撮り始めの頃植物園のツバキ園やサザンカ園で沢山見かけていたのに…(._.)

昔の画像捲ってみたら、撮ったプレートには「カンツバキ系 サザンカ 不二の峰」(富士の峰?峯?と同じなのか?)とかありました(--;)

また今ごろ発見を戴きました♪これからの見つめ方、目が寄っちゃいそう…(^○^)
ありがとうございました♪ 通勤電車から~


2. Posted by syousuke   2011年01月06日 21:54
>yamaさん、こんばんは~

> 撮ったプレートには「カンツバキ系 サザンカ 不二の峰」

このプレートは親切ですね。
カンツバキ系サザンカというのがとても分かりやすいです。^^
僕も未だに分かりにくくて、先ずは花の散り方を観て見当をつけるようにしているのですが、交雑種はとても分かりにくいです。

山中に自生しているサザンカはツバキとは見間違える事もないほど違うのに・・・^^;

通勤電車からのコメント、ありがとうございました~^^♪


3. Posted by カリフォルニアの住人   2011年10月24日 20:22
初めまして。

私も先日、南カリフォルニア州のナーセリーでサザンカ・シシガシラ(学名:Camellia hiemalis 'shishi-Gashira')を購入して植えました。

私がびっくりしたのは、アメリカではサザンカ・シシガシラの花は、ピンクがかった赤を指すことです。日本のサイトで見るものは赤い花なので、いったいどうなっているの?と思ってしまいました。

どうやらアメリカでは寒椿群の品種名を Camellia hiemalis と呼んで Camellia sasanqua (元々からある日本のサザンカ)と区別しているみたいです。

寒椿群(Camellia hiemalis) は、横に広がりサザンカに比べて花期が長く、花の手ざわりが厚ぼったいと Sunset Western Garden Book に出ていました。

そしてアメリカでは寒椿群の中に、山茶花 ’獅子頭’(サザンカ・シシガシラ)や’山茶花 ’昭和の栄’という種名を列記しています。

例として寒椿群の種名を挙げると:
*Camellia hiemalis 'Shishi-Gashira'(山茶花・獅子頭)
*Camellia hiemalis 'Shouwa-No-Sakae'(山茶花・昭和の栄)
*Camellia hiemalis 'Chansonette'(山茶花・シャンソネット)

などです。 まずはお知らせまで。


4. Posted by カリフォルニアの住人   2011年10月24日 21:01
どなたかカリフォルニア出身の日系人の種苗家、Toichi Domoto (1902年生まれ)が創り出した寒椿群の山茶花、 サザンカ ’ドワーフ・シシ’(山茶花’小形の獅子’という意味、学名:Camellia hiemalis 'Dwarf Shishi')が、日本にも存在するか知っている人はいますでしょうか?

この寒椿群の山茶花(サザンカ)の花は、赤い色、半八重の花びらの形がすご〜く綺麗なんです!!!

どなたか心あたりのある方はいるでしょうか?

”This sasanqua cultivar, 'Dwarf Shishi', was originated by Toichi Domoto in 1988"

と書き込んで画像検索すると写真と英文の説明文が出てくるのですが・・・・。

どうぞ宜しくお願いいたします。


コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ご訪問者数(UU)since2012/7/8
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページ閲覧(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: