2010年01月31日

植物図鑑 写真:野芥子 (ノゲシ)
2010_01_28 大川河川敷桜ノ宮付近にて

植物図鑑 写真:野芥子 (ノゲシ)
2010_01_30 大川河川敷桜ノ宮付近にて(上の写真の約10m下流側)
見た目、オニっぽいがとげがない・・・


野芥子 (のげし)

目 : キク目 Asterales
科 : キク科 Asteraceae
属 : ノゲシ属 Sonchus
種 : ノゲシ S. oleraceus


ノゲシは世界至る所に帰化している植物であり、原産地はヨーロッパであると考えられている。ムギなどの畑作の伝来とともに渡来した史前帰化植物の1つであり、荒れ地や空き地などに生育している。秋に芽生え、ロゼットで越冬し、春から夏にかけて茎をもたげて花を付ける。種子の綿毛は絹状の毛であり細い。
 和名のノゲシはケシの葉に似ていることによっており、春に開花することからアキノノゲシに対してハルノノゲシともよばれる。茎や葉を傷つけると乳液が出る。ロゼット葉は苦いが、食用になるという。同じ属のオニノゲシと比べると、葉の質は柔らかくて鋸歯の先端は棘とはならない点で区別できる。
 花柄に、腺毛があるものがあるとされ、保育舎の原色帰化植物図鑑などでは花柄に明瞭な腺毛が記されている。しかし、花柄や茎の上部に腺毛がある画像がない。オニノゲシとの交雑種も知られており、腺毛の有無に関してはあまり問題にしない方がよいのかもしれない。
植物生態研究室(波田研)のホームページより引用


植物図鑑 写真:野芥子 (ノゲシ) 植物図鑑 写真:野芥子 (ノゲシ)


植物図鑑 写真:野芥子 (ノゲシ) 植物図鑑 写真:野芥子 (ノゲシ)
左:鋸歯の先は尖がっているが棘というほどでもない。
右:棘はあるが触っても柔らかくて痛くない。

ノゲシとオニノノゲシの違いがよく分からない。
葉の基部の茎の抱き方や鋸歯の棘、葉の裏側の葉脈の出方など、大方の見分け方を試してみると全てがオニノノゲシのような気もするがどれも葉を触っても痛いほどの棘はない。違いを見分けるのはとても難しそうです・・・^^;

茎はイタドリに似ている様に感じたので折ってみたら中空で構造も似ていた。
多分、イタドリのようにかじれるのではないかと思ったがチャレンジせずです。
でも、葉が食用になるということは案外OKのような気がする。^^;


<追記> 2010年05月02日

植物図鑑 写真:ノゲシ属


葉の基部は茎を抱きこんでいないように見えますが棘はあります。
でも触っても痛くありません。




植物図鑑 写真:ノゲシ属


少し葉が茎を抱いているようですが葉はとても柔らかいです。





植物図鑑 写真:ノゲシ属


なんとなく耳たぶのように見えてオニノノゲシの特徴のようですが、やはり触っても痛くない。





植物図鑑 写真:ノゲシ属



これは流石に痛そうでしたが、でも痛くない・・・






植物図鑑 写真:ノゲシ属
2010年05月02日 大阪城公園にて

これは、なんか見るからにオニっぽくて痛そう!
さっそく触ってみたら、来ましたよ〜
チクって刺しました!
そんなに大して痛くはないですが初めてチクって来ました!
これはオニノノゲシで間違いないように思いますが、どうなんでしょう?


植物図鑑 写真:ノゲシ属 植物図鑑 写真:ノゲシ属

葉の基部は茎を思いっきり抱きこんでいます。


植物図鑑 写真:ノゲシ属

葉の裏側になにやらポツポツと毛が生えているように見えますが、たぶんこれは初めての観察です。

葉脈が浮き出ているのもオニノノゲシの特徴らしいですが、今まで見てきたノゲシ属は全て浮き出ていました。

ノゲシに出会ったことが無く今まで出会ったのは全てがオニノノゲシなのか、最後のチクっと来たのだけがオニノノゲシで他のは雑交配種なのか・・・

とにかくノゲシとオニノノゲシの見分け方は分からないままです。^^;

観察を続けなければ・・・


植物図鑑 写真:ノゲシ属 植物図鑑 写真:ノゲシ属
2010年03月27日 大川河川敷桜ノ宮付近にて


これって、

「花柄に、腺毛があるものがあるとされ・・・」

にあたるのかなぁ・・・^^;


syousuke0202 at 00:01コメント(0)トラックバック(0)黄色い花1月の撮影  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


2010年01月30日

植物図鑑 写真:イヌホオズキ(犬鬼灯・犬酸漿)
2010_01_30 大川河川敷桜ノ宮付近にて


・茄子(なす)科。
・学名 Solanum nigrum (犬鬼灯)
Solanum americanum (アメリカ犬鬼灯)
Solanum : ナス属
nigrum : 黒色の、黒い
americanum : アメリカの
Solanum(ソラナム)は、ラテン古名の
「solamen(安静)」が語源。この属の植物に
鎮痛作用を持つものがあることから。
・別名:バカナス(馬鹿茄子)

晩夏の花と思っていましたが、真冬にも咲くのですね〜☆
日当たりは良いところでしたが・・・

植物図鑑 写真:イヌホオズキ(犬鬼灯・犬酸漿) 植物図鑑 写真:イヌホオズキ(犬鬼灯・犬酸漿)
2010_01_30 大川河川敷桜ノ宮付近にて


イヌホオズキ(犬鬼灯・犬酸漿)は、道端や荒地で総状花序に小さな白い五弁花を咲かせるナス科ナス属の一年草です。花後、緑色の実を成らせ熟すと黒くなり、テリミノイヌホオズキと同様、萼を残して落ちます。よく似たオオイヌホオズキやアメリカイヌホオズキでは、小果柄の基部から落ちることで見分けられます。アメリカ犬ホオズキの茎には刺がありますが、イヌホオズキにはありません。全草に毒があります。

草丈:50cm 開花期:8〜10月 花色:白 実色:緑→黒 葉形:卵形 葉縁:波形の鋸歯
季節の花300、かぎけん花図鑑より引用


植物図鑑 写真:イヌホオズキ(犬鬼灯・犬酸漿)
2010_01_28 大川河川敷桜ノ宮付近にて(上の写真とは50mほど離れた場所)

同じものと思っていたが、少し葉の形と表面の感じが違う・・・

ところで、名前の由来を調べていたら「犬」というのは「役に立たないという」意味があるそうで、花の名は「役に立たないホオズキ」ということだそうです。

また、「イヌ=否」であり「ホオズキではない」という意味だとする説もあるようです。

syousuke0202 at 17:01コメント(0)トラックバック(0)1月の撮影白い花  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


2010年01月29日

今年が暖冬なのか、それとも温暖化が原因か気の早いユキヤナギが咲き始めていました。ちょっと早すぎるような気がするけど・・・

植物図鑑 写真:ユキヤナギ
2010_01_28 大阪水上バス「OAP港」付近にて


科 : バラ科 Rosaceae
亜科 : シモツケ亜科 Spiraeoideae
属 : シモツケ属 Spiraea
種 : ユキヤナギ S. thunbergii


まだまだ疎らですが、あっというまに真っ白になるのでしょうね。^^

植物図鑑 写真:ユキヤナギ 植物図鑑 写真:ユキヤナギ

ユキヤナギ(雪柳、学名:Spiraea thunbergii)は、バラ科の落葉低木。別名にコゴメバナ、コゴメヤナギなど。

春に小さい白い花を咲かせる。中国原産という説もあるが、日本原産であると考えられている。

手を掛けなくても生長し、大きくなると1.5mほどの高さになる。地面の際から枝がいく本にも枝垂れて、細く、ぎざぎざのある葉をつける。花は、3月から5月にかけて、5弁で雪白の小さなものを枝全体につける。そのさまから和名がついた。

公園や庭先でよく見かけるが、自生種は石川県で絶滅危惧I類に指定されているなど、地域的には絶滅が危惧されている。
ウィキペディア(Wikipedia)より引用


植物図鑑 写真:雪柳 05
2009年03月18日 昨年撮った満開のユキヤナギ





syousuke0202 at 23:53コメント(0)トラックバック(0)3月の撮影白い花  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


2010年01月27日

植物図鑑 写真:寒椿(サザンカシシガシラ)
2010_01_28 造幣局前歩道にて

植物図鑑 写真:寒椿(サザンカシシガシラ)
2010_01_27 造幣局前歩道にて


サザンカのつもりが、正確にはカンツバキらしい。
見た目に違いは分からない・・・

もう少し勉強しないといけないようです。^^;


カンツバキ(寒椿)
ツバキ科ツバキ属
開花:12〜2月


カンツバキ(寒椿)は大きく分けて、カンツバキとカンツバキ群に分けられます。
1933年以降にシシガシラ(獅子頭)を関東ではカンツバキとよぶようになったそうです。

シシガシラ(獅子頭)は日本に自生するサザンカとツバキとの交雑によって生まれたと言われるが、諸説あるようです。

シシガシラ(獅子頭)はツバキと同様に新梢に毛がなく、這い性のため「這いカン」と呼ばれます。

カンジロウ(勘次郎)はシシガシラ(獅子頭)のタネから生まれた品種で、立ち性のための「立ちカン」とよばれています。

中国から渡来したとする説、中国産のユチャとツバキとの雑種とする説、サザンカのみから生まれた園芸品種とする説など「シシガシラ」の起源については異説もあるようです。

カンツバキ(寒椿)の特徴
・サザンカに比べ、カンツバキ(寒椿)は花期が冬で、花には香りが無い。 
・若い枝や葉にはサザンカ同様毛が生えている。 
・サザンカのようにいっせいに咲くのではなく、長い間に次々と咲く感じである。 
・雄ずいの一部または多くが花弁に変化して八重咲きや獅子咲きの華やかな品種が多い。

カンツバキ群には11〜1月に開花の白の千重咲きで横張り性の「フジノミネ(富士の峰)」、開花が12〜2月で獅子咲きの「昭和の栄」や乙女サザンカ、日の出富士、朝倉などたくさんあります。真冬の花の少ない時期に咲くので好まれ、低い刈り込みなどによく使われています。
 

寒椿(カンツバキ・寒つばき・獅子頭)は、花びら(花弁)と雄しべが合着する点はツバキ(椿・つばき)と同じで、花びら(花弁)はサザンカ(山茶花・さざんか)と同様一枚ずつばらばらになって散るということは、ツバキとサザンカの両種の特徴を併せ持っているということになります。
またハルサザンカと同様、カンツバキもサザンカの園芸品種群の中の一系統とされるそうです。

厳密には、雌しべの子房に密毛があることを基準に、サザンカ(山茶花・さざんか)に分類するのだそうです。


植物図鑑 写真:寒椿(サザンカシシガシラ) 寒椿(サザンカシシガシラ)

一応、この名盤に間違いが無い事を基準にしています。


syousuke0202 at 20:33コメント(4)トラックバック(0)1月の撮影赤い花  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


2010年01月24日

八重海棠
植物図鑑 写真:八重海棠
2010_01_24 大阪城公園梅林にて



EOS10
以前、オートフォーカスの出始めに使っていたEOS-10

中途半端に古いカメラは電池が無いと使い物にならないだけにずいぶん長い事お蔵入りしている。

そしてデジカメの便利さに慣れてしまうと銀塩カメラは経費がかかりすぎてなかなか気軽にパシャっとは出来ない・・・

しかし、カメラと共にお蔵入りしていたEFレンズもちゃんと保管しておいて良かった〜
やっと出番が出来たのです。^^

35-135レンズ
35-135mm の標準ズーム

先日手に入れたDigitalX に使える。
それも、約55-200mmに変身して!

エントリーモデルのAPS-Cサイズしか買えなかった事が、結果望遠系には有利になったと思って気を良くしているところです。^^;


ユリカモメ
ユリカモメ
2010_01_24 大川銀橋下流左岸にて

200mmなんて手持ちで使ったこと無いから思いっきり練習しないといけないけど、これからの趣味の範囲が広がりました。

ユリカモメ 極楽橋
2010_01_24 大川銀橋下流左岸(左) 大阪城公園極楽橋(右)




20100124map
本日のウォーキングマップです。
11.2

ボチボチ膝の故障も大丈夫そうなんで走りたいけど、一眼持っては走れないのが歯痒いです。^^;

syousuke0202 at 23:38コメント(0)トラックバック(0)ウォーキング  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント


楽天
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: