2015年04月20日

Emberiza spodocephala♂
IMG_2573
2015/04/19 大阪城公園 豊国神社南東にて Canon PowerShot SX50 HS


ホオジロ科 Emberizidae
ホオジロ属 Emberiza
アオジ E. spodocephala

詳細は、こちらの記事(2015年02月08日 アオジ(青鵐、蒿鵐、蒿雀)

まだアオジの鳴き声を覚えていなかった私は、ここで聞く綺麗なさえずりにうっとりしてました。
そして、かなり近いところでさえずってるのに鳥見初心者の私はその姿を見つけれずにいました。

こんな綺麗な声で鳴く鳥ってどんな鳥かなぁ。
そんなことを思いながらじっと聞いていると、いきなり目の前の木の根元付近に現れたんです。
2メートルも離れていませんでした。そしてしばらく側でさえずってくれたんです。
いつもは遠くの鳥ばかり撮ってたのであわてましたよ!
近すぎてピント合わせるのにえらい手間取ってしまいました。
ほんま嬉しい悲鳴でした。(^▽^)

この日の私はビビットなコバルトブルーのパーカーを着ていて凄く目立つのに、鳥から近づいてくれるなんて夢にも思ってなかったので本当に驚きました。出来るだけ脅かさないよう静かに、そして大きな動きはしないよう意識はしてましたけどね。この日の体験で分かった事は、音や大きな動きで脅かさなければ、別に迷彩色でカムフラージュしたりしなくとも大丈夫だということです。もちろん鳥の種類や他の条件などにもより、一概には言えないのだろうとは思いますが・・・

ちなみにベテランのバーダーに聞くところによると、赤色はあまりよろしくないとのことでした。 ^^;


IMG_2597

IMG_2610

IMG_2618

IMG_2624

IMG_2627
2015/04/19 大阪城公園 豊国神社南東にて Canon PowerShot SX50 HS


DSC_2280
2017/02/12 豊国神社南にて
Nikon1 V1 & AF-S NIKKOR 70-300mm F4.5-5.6G



<追加>

Canon PowerShot sx60HS 売り場でいじくりたおしてきました。買い換えたい〜〜〜


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

syousuke0202 at 21:52コメント(5)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


2015年04月18日

Cyanoptila cyanomelana ♂
IMG_6496
IMG_6567
2014/04/23 大阪城公園 市民の森にて Canon PowerShot SX50 HS


科 : ヒタキ科 Muscicapidae
属 : オオルリ属 Cyanoptila
種 : オオルリ C. cyanomelana

スズメ目ヒタキ科オオルリ属に分類される鳥類の一種。
日本へは夏鳥として渡来・繁殖し、冬季は東南アジアで越冬する。高い木の上で朗らかにさえずる。姿も囀りも美しい。
全長が約16 cm、翼開長が約27 cm。雄の背中は尾も含め光沢のある青で、尾の基部には左右に白斑がある。喉、顔は黒で腹は白い。雌は頭から尾にかけて背面が茶褐色で、喉と腹は白い。胸と脇が褐色。 また、雄が美しい色彩になるには2 - 3年を要すると考えられ、若鳥時代の雄の羽色は雌の羽色と似た茶褐色で、背面の一部と風切羽及び尾羽に青色が表れているだけである。雌はキビタキの雌やコサメビタキなどに似ている。

コルリ、ルリビタキなど共に、「青い鳥」御三家の一つである。
ウィキペディアより引用


鳴き声: さえずり 地鳴き サントリーの愛鳥活動 website
鳴き声: さえずり 地鳴き バードリサーチ鳴き声図鑑 website


昨年、大阪城公園 市民の森で撮ったストックです。この日は一時間くらいのあいだ、この森の中を飛び回ってくれたおかげで何枚も撮らせてもらう事ができました。鳥見初心者の自分にとって、オオルリは憧れの鳥。こんなに撮れるなんて夢にも思わず、異常に興奮したのを覚えています。おかげでオオルリには簡単に出会えるものと勘違いしてしまい、もっと撮ってからブログにアップしよう。そんな事を考えてるうちに機会を逃してしまい今頃のアップになってしまたのです。その後も出会うことはありましたが、残念ながらこのときほどゆっくり観察する事はできませんでした。^^;


IMG_6494 IMG_6465
IMG_6442 IMG_6437
2014/04/23 大阪城公園 市民の森にて Canon PowerShot SX50 HS


IMG_6419 IMG_6400
IMG_6349 IMG_6347
2014/04/23 大阪城公園 市民の森にて Canon PowerShot SX50 HS

どういった条件が必要なのかはわからないけど、じっと待ってると同じ場所に戻って来ます。そして同じ枝にとまる。飛び回るコースも決まってるようでした。すべての鳥がそうなのかも分かりませんが、ジョウビタキも、オジロビタキも、キビタキも同じような行動をみせてくれます。鳥見の楽しさと言うのはこういうところにあるのでしょうね。^^


このあとは今年撮ったものです。

IMG_2216
2015/04/16 大阪城公園 野外音楽堂西 Canon PowerShot SX50 HS

IMG_2212
2015/04/16 大阪城公園 野外音楽堂西 Canon PowerShot SX50 HS

今年も何度も出会ってはいますが、どうも今年は観察の仕方が悪いのか、それとも他の条件が揃わないのか、待ち構えても現れてはくれません。鳥見って深いね。^^;



にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ



syousuke0202 at 23:30コメント(6)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Anas poecilorhyncha
IMG_2420
2015/04/17 大阪城公園 人口川にて Canon PowerShot SX50 HS


カモ科 Anatidae
マガモ属 Anas
カルガモ A. poecilorhyncha
別名:Spotbill(スポットビル)

カルガモ(軽鴨) とは、鳥綱カモ目カモ科マガモ属カルガモ種の鴨で、 日本の本州以南では一年中水辺で見られる留鳥です。ただし、北海道では夏鳥とされます。
雌雄ほぼ同色全身が茶褐色で、羽縁は白っぽい翼鏡は光沢のある青色をしており、羽色は雄の方が雌より黒っぽい。 頭は黒く、顔は淡褐色嘴〜目〜後頭部にかけて縦縞があります。 脚は朱色をしています。 嘴は平らで黒く先端は黄色くなっています。カルガモを意味する 'Spotbill'という英名は、黄色い Sopt(部分)がある bill(平たく長い嘴)という意味から付けられました。
また、軽鴨という和名は、紀皇女が万葉集で詠った短歌(下に掲載)の「軽池」に一年中居る鴨に因みます。
「軽池の浦廻行き廻る鴨すらに玉藻の上にひとり寝なくに」。

別名:Spotbill(スポットビル)
生息分布:東アジア 環境:平野〜山地の水辺
全長:60cm(雄)、50cm(雌) 羽全開帳:90cm(雄)、80cm(雌) 体重:1Kg  体表色:茶褐色 嘴:黒で先端は黄色 脚色:朱色  特徴:嘴〜目尻〜後頭部に黒い  雌雄の違い:上・下尾筒が黒っぽい(雄)、茶色っぽい(雌)  活動期:一年中 繁殖:産卵 産卵期:4〜7月 夫婦:一夫一妻  産卵場所:水際の草地  営巣・抱卵・育雛:雌 卵数:10個 孵化日数:25日  食べ物:藻、草の葉、種子など植物食 鳴き声:グェッグエッ
【かぎけんWEB】より引用

カルガモって各地で人気が出てますが、なるほどひょうきんで可愛い歩き方をします。水に浮かんで泳いでいる姿よりも、歩いてるところの方が見ていて飽きません。^^



IMG_2410 IMG_2413
2015/04/17 大阪城公園 人口川にて Canon PowerShot SX50 HS


コザギの後、このカルガモ達も、人が居なくなった頃(18時ころ)大阪城 城南地区の人口川に飛んできました。昼間は人が多いからか、それとも夕方が時合いなのか、採餌活動が始まるようです。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


syousuke0202 at 20:54コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


2015年04月17日

Egretta garzetta
IMG_2378-tri
2015/04/17 大阪城公園 人口川にて Canon PowerShot SX50 HS

コウノトリ目 Ciconiiformes
サギ科 Ardeidae
シラサギ属 Egretta
コサギ E. garzetta

全長60センチメートル。チュウサギよりもさらに小さいので、この名で呼ばれる。全身の羽毛が白色で、いわゆる白鷺と呼ばれる鳥の一種。アフリカ東部とマダガスカルには暗灰色をした暗色型がいるが、北半球ではまれ。日本では、わずかに記録があり、例えば2013年9月18日頃神奈川県川崎市多摩区の多摩川で確認され、山階鳥類研究所の茂田良光によればその20年前にも同じく多摩川で見られた。

脚、首、くちばしは長いが、ダイサギほどではない。足の指が黄色いことと、夏羽では頭に2本の長い冠羽が現れること、背の飾り羽は先が巻き上がることで、ダイサギやチュウサギと区別できる(ダイサギとチュウサギは巻き上がらない)。繁殖期のごく短い期間には足の指と目の先が赤くなる。

アフリカ、アジアの熱帯・温帯に広く分布するが、温帯のものは冬になると暖かい地方へ移動する。繁殖はサギ科の仲間同士で寄り集まって、集団繁殖地の「サギ山」を作る習性がある。
ウィキペディアより引用


日も長くなってきたので、この日は夕刻(17時頃)、いつもの大阪城公園に鳥見に行ったのですが、目的のオオルリやキビタキには出会えませんでした。どんな時間帯が野鳥たちの活動時間帯なのか色々試してみないといけませんね。早朝とかもまだ観察していないので一度夜明け前くらいからも試してみないといけないなぁ、なんて考えながらぼーっと人口川を眺めていたらコサギがやって来たんです。そのあと、カルガモも飛んできました。この人口川で、サギ科の鳥は以前にも見た事がありますが、人が多いからか、日中にはあまり見る事がありませんでした。人の少なくなる夕方近くに水鳥たちの採餌がはじまるのかも知れません。


IMG_2392 IMG_2398
ザリガニを捕食してるところです。(PCでは画像をクリックすると大きな画像が見れます。)

水田や川辺、海岸などで首を縮めて立っている姿がよく見られる。魚類、カエル、ザリガニなどを捕食する。獲物を捕らえる時は足でつつくようなしぐさをして、物かげから獲物を追い出してから捕らえることもある。
ウィキペディアより引用




コサギが足でつつくようなしぐさをして、物かげから獲物を追い出してから捕らえていました。このときはザリガニを捕食してました。



にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


syousuke0202 at 23:08コメント(4)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


2015年04月14日

Lonicera gracilipes Miq. var. glabra Miq.IMG_2184
2015/04/12 生駒山麓ぬかた園地にて Canon PowerShot SX50 HS


スイカズラ科 Caprifoliaceae
スイカズラ属 Lonicera
ウグイスカグラ Lonicera gracilipes Miq. var. glabra Miq.


落葉低木
北海道南部〜四国の山野の日当たりのよいところ普通に生える。よく分枝して茂り、高さ2mほどになる。樹皮は灰褐色。縦に裂けてはがれ落ちる。若い枝は赤褐色を帯びる。中実。葉は対生。葉身は長さ3〜6cm、幅2〜4cmの広楕円形〜倒卵形。ふつう両面とも無毛で、裏面は緑白色。葉や苞のふちに毛が生えることがある以外は全体に無毛。枝先の葉腋に長さ1〜2cmの細い花柄を出し、淡紅色の花を1個まれに2個下向きにつける。花冠は長さ1〜2cmの漏斗状で、先は5裂し、裂片は平開する。果実は液果。長さ1〜1.5cmの楕円形。6月に赤く熟す。種子は長さ4〜5mmの楕円形。花期は4〜5月。
冬芽は長さ2〜4mmの卵形。芽鱗は1〜2対。(樹に咲く花)

ウグイスカグラはふつう全体無毛で、ヤマウグイスカグラは枝、葉、花に毛があり、ミヤマウグイスカグラは腺毛がある。
松江の花図鑑より引用



IMG_2185-tri IMG_2180-tri
2015/04/12 生駒山麓ぬかた園地にて Canon PowerShot SX50 HS


ごく普通に見られる植物のようですが初めての出会いでした。
花が咲いていたから目に止まりましたが、花や果実の時期でなければ素通りしていたでしょう。
そんな事を繰り返しながら、少しずつ親しみのある植物が増えていくんですね。
このウグイスカグラはとても好みに合いました。
次は赤い果実を見つけてみたい。そしてその次は葉っぱだけでも見つけれるようになりたい。^^

この名前は、鶯の鳴く時期と関係し、神楽は「鶯隠れ」が変化したとの説があるそうです。そして、この実を鶯がついばむ姿が神楽を踊っているように見えることが名前の由来とも言われているそうです。今の時期、里山ではあちこちで鶯が鳴いています。鶯の声を聞くたびにウグイスカグラを探せるようになりたい。


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

syousuke0202 at 00:02コメント(4)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ご訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページ閲覧(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: