2018年03月26日

Alauda arvensis
IMG_7961
2018/03/25 淀川左岸河川敷 赤川にて Canon PowerShot SX50 HS

IMG_8045

ヒバリ科 Alaudidae
ヒバリ属 Alauda
ヒバリ A. arvensis

全長17センチメートル。翼開長32センチメートル。後頭の羽毛は伸長(冠羽)する。上面の羽衣は褐色で、羽軸に黒褐色の斑紋(軸斑)が入る。下面の羽衣は白く、側頸から胸部にかけて黒褐色の縦縞が入る。胸部から体側面にかけての羽衣は褐色。外側尾羽の色彩は白い。初列風切は長く突出する。次列風切後端が白い。
嘴は黄褐色で、先端が黒い。後肢はピンクがかった褐色。卵の殻は灰白色で、灰色や暗褐色の斑点が入る。オスは頭部の冠羽をよく立てるが、メスはオスほどは立てない。

草原や河原、農耕地などに生息する。種小名arvensisは「野原の、農耕地の」の意。しかしながら近年大雪山の標高2,000メートル付近の高山帯をはじめ、北海道、本州の山岳地帯でも生息が確認されている。
食性は植物食傾向の強い雑食で、主に種子を食べるが昆虫、クモなども食べる。地表を徘徊しながら採食を行う。
繁殖形態は卵生。上空を長時間停空飛翔したり、草や石の上などに止まりながら囀る。繁殖期が始まるとオスが囀りながら高く上がって行く「揚げ雲雀」と呼ばれる縄張り宣言の行動は古くから親しまれている。和名は晴れた日(日晴り)に囀ることに由来する説や、囀りの音に由来する説もある。地表(主に草の根元)に窪みを掘り植物の葉や根を組み合わせたお椀状の巣をメスが作り、1回に3-5個の卵を産む。抱卵期間は11-12日。雛は孵化してから9-10日で巣立つ。繁殖期にはつがいで生活し、非繁殖期には小さな群れで生活する。
ウィキペディアより引用


IMG_7997

草原ではヒバリのカムフラージュは完璧で、飛翔から舞い降りてきたところを探してもなかなか見つけることが出来ません。刈り込まれて草丈の短い土手なので身を隠すこともできないのに、それでも見つけるのは至難の業です。カムフラージュの天才ですね。(笑)

↓ この写真をクリックすると大きくなります。矢印のところに居るのですが… (^^;)
IMG_8040

「揚げ雲雀」と呼ばれている雄の縄張り宣言の飛翔を撮りたいのですが、何度挑戦しても上手くいきません。愛機Canon PowerShot SX50 HSはお気に入りでとても良いカメラなのですが、電子ビューファインダーがしょぼくていけません。唯一気に入らないところなんです。後継機種からは良くなっているのですがもう少し我慢して使い続けます。^^;

Nikon1 V2 ならもう少し撮りやすいかも?
近いうちに、またチャレンジしてみます。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ



syousuke0202 at 20:31コメント(2)

Share (facebook)  


2018年03月12日

Regulus regulus
DSC_5724-tri
2018/03/11 豊国神社南東にて Nikon1 V2 & AF-S NIKKOR 70-300mm F4.5-5.6G

DSC_5709-tri
2018/03/11 豊国神社南東にて Nikon1 V2 & AF-S NIKKOR 70-300mm F4.5-5.6G

スズメ目 Passeriformes
キクイタダキ科 Regulidae
キクイタダキ属 Regulus
キクイタダキ R. regulus

和名は、頭頂部に黄色い冠羽があるため菊を戴くという意味から命名された。松毟鳥(まつむしり)、まつくぐりの名もある。

砂漠地帯を除くユーラシア大陸の高緯度から中緯度の地域に広く分布する。総個体数はおよそ8,000万から2億羽、生息域は1,320万 km2と推定されている。日本では、北海道と本州中部以北(留鳥または漂鳥)で繁殖し、本州中部以南の西日本には一部が越冬のために飛来する。

全長が約10 cm、翼開長が約15 cm、体重3-5 gの小型の鳥で、日本国内ではミソサザイ、エナガとともに最小の鳥の一種である。頭頂の縁が黒色で中央が黄色い部分があるのが特徴で、その中央部の内側に赤い斑がある。雌雄ほぼ同色だが、メスにはこの赤い斑がない。頭部以外の上面は全体にオリーブ色で、目の回りは白っぽく、嘴と足は黒褐色。嘴は小さくて細い。翼の雨覆に黒と白の模様がある。

春と夏に亜高山帯から山地にかけての針葉樹林に生息し、秋に低地や暖地に移動し、冬に針葉樹の多い公園や里山などでも見られる。高山にも少数が生息する。非繁殖期には小群れで行動し、ヒガラなどのカラ類と混群することがある。針葉樹で忙しく動き回り、蛾の幼虫、昆虫、クモ類などを捕食する。ホバリングして枝先の虫を捕食することもある。水浴びをする以外は樹の上で生活し、小枝の間にハンモック状の巣を作る。鳴き声を片仮名表記すると「ツツツツティーツィツィ」に近い。
ウィキペディアより引用

ちなみに、学名のレグルス (Regulus) は、ラテン語で「(小さな)王」という意味だそうです。

DSC_1963 2017_11_01
2017/11/01 豊国神社西にて Nikon1 V2 & AF-S NIKKOR 70-300mm F4.5-5.6G

DSC_2192 2017_11_05
2017/11/05 豊国神社南東にて Nikon1 V2 & AF-S NIKKOR 70-300mm F4.5-5.6G

樹上を枝移りしながら採餌するところしか出会ったことが無いのでいつも撮影は遠くを見上げる形です。なので頭頂のお菊さんをなかなか見せてもらえません。小さな鳥で動きが速くとても撮影は難しいです。水浴びしてるところなんかに出会ってみたいものです。^^;


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

syousuke0202 at 11:50コメント(2)

Share (facebook)  


2018年01月29日

Galanthus
IMG_1202

IMG_1235
2018/01/20 服部緑地 都市緑化植物園にて Canon PowerShot G15


ヒガンバナ科 Amaryllidaceae
ガランサス属 Galanthus
スノードロップ(ガランサス属の総称)
別名:マツユキソウ(待雪草)

草丈:10cm〜20cm

ヨーロッパからコーカサス山脈に約10種が分布する球根植物です。秋に球根を植え付けると、冬に芽を出して(根は秋から地中で生長を始めます)、早春に花を咲かせ、初夏まで生長して夏の間は休眠します。葉っぱが出ている時期は冬から初夏と存外に短いです。ヨーロッパでは古くから親しまれており宗教との関わりも深く、神話や伝説が多く残る植物でもあります。キリスト教では2月2日の聖燭節(キャンドルマス)の花とされています。

球根は直径2cmほどで、地際から2〜3枚の葉を出します。花茎が伸びてその先端に白色の花が下向きに咲かせます。花は外側に大きな花びらが3枚、その内側から顔をのぞかせるように小さな花びらが3枚つきます。内側の花びらは重なり合って筒状になり、緑色の大きな斑が入るのが特長です。1本の花茎には1輪の花が付きます。花は気温が極端に低くなったり、夜になると閉じます。これは、花の中を一定の温度に保温しておくためだとされますが、真偽は定かではありません。

名前の由来は花姿や花色を雪のしずく、もしくは耳飾りに例えたものとされます。学名のガランツスはギリシア語のガラ(乳)とアンサス(花)の合成語で「乳白色の花」と言う意味です。これは花色に由来します。

似た名前の球根植物にスノーフレークがありますが、全く別のものです。
ヤサシイエンゲイ」より引用


決して珍しい植物ではなく、写真ではよく見るのに撮影出来たのは初めてです。野鳥を撮るつもりで出かけてみた『都市緑化植物園』ですが、下調べ無しで偶然出会うことができラッキーでした。^^b

もう少し色んなアングルで撮りたかったのですが、柵を越えるわけにはいかず断念しました。意識していればまたどこかで出会えるでしょう。次はもっと詳細を観察します。^^;


IMG_1250

花弁は外花被3枚と内花被3枚の6枚のようです。内花被にある緑色の斑や蕊の詳細を確認出来なかったのが残念です。^^;

IMG_1273

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ




syousuke0202 at 21:33コメント(2)

Share (facebook)  


2017年05月31日

Gibasis pellucida
03IMG_8428
2017/05/27 東横堀川緑地にて Canon PowerShot G7

02IMG_8304
2017/05/21 東横堀川緑地にて Canon PowerShot G7


ツユクサ科Commelinaceae
ギバシス属 Gibasis
キバシス・ペルキダ:Gibasis pellucida
一般名:ブライダルベール
英名:タヒチアンブライダルベール、ドッデッドブライダルベール

ブライダルベールは、吊り鉢仕立てにするとベールのような形に茂り、白色の小花をつける草姿が、花嫁のベールを連想させるので、ブライダルベールと呼ばれています。
ブライダルベールが属するギバシス属は、メキシコを中心に熱帯アメリカに11種が自生しています。ブライダルベール(Gibasis pellucida)は、英名をタヒチアン・ブライダルベールといいますが、タヒチ原産ではなく、メキシコ原産です。
葉は披針形で暗緑色、葉裏は暗赤紫色です。花は白色で、年間を通して開花します。葉に黄色の縦縞が入る園芸品種の‘バリエガタ’(G. pellucida ‘Variegata’)もあります。
「みんなの趣味の園芸」より引用


久しぶりに当たりです。^^
たぶん初めての出会いなんですが、花の咲き方、大きさなどがみごとにストライク!
はまりました〜♪

トキワツユクサに交じって咲いていました。トキワツユクサに比べるととても小さな花ですが、どことなく似ていると感じたのでツユクサの仲間で検索してみましたがヒットしませんでした。ツユクサ科としてはあまりメジャーではなさそうですが、園芸品種(ブライダルベール)としてはメジャーなんですね。どなたかが公園に逃がしたのでしょう。個人的には歓迎です。^^


01IMG_8454
2017/05/27 東横堀川緑地にて Canon PowerShot G7


ブライダルベールはツユクサ科の蔓性多年草で、匍匐性の茎は地を這い横に広がりを見せるか、垂れ下がるようです。葉は濃緑色で表面には光沢を持ち、長さ2.5〜3冂度の卵形。葉の基部は茎を抱え込むようにして茎につき、先端は尖り、茎に互生しています。5〜7月頃、葉腋から長い花柄を二股に枝分かれさせながら先に白色の3弁花をつけます。花は疎らにつくために、空中に白い点々が付いたように見えます。英名ではDotted bridalveilとも呼ばれるのはそのためのようです。花径は6〜7伉度で日中に咲きますが、夕刻前には閉じるようです。

まったく違う植物で花色もまったく違いますが、ハゼラン(三時草)のイメージに似ています。逆にブライダルベールの花が閉じた頃からハゼランの花は開き始めますが、イメージが重なります。



04IMG_8451-tri
2017/05/27 東横堀川緑地にて Canon PowerShot G7

1本のめしべに6本のおしべ、花糸はふわふわの毛に包まれています。ツユクサの仲間には同様の綿毛が見られますが、種によって形が違ってとてもユニークです。


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ


syousuke0202 at 12:56コメント(0)トラックバック(0)

Share (facebook)  


2017年05月08日

キエビネ Calanthe sieboldii
IMG_1349
2017/05/07 ぬかた園地にて CANON IXY 3


ラン科 Orchidaceae
エビネ属 Calanthe

エビネの仲間には春咲き種と夏咲き種があり、春咲きエビネの代表がエビネ(Calanthe discolor)で、ジエビネとも呼ばれています。かつては各地の低山に普通に見られた常緑のラン科の植物で、落葉広葉樹林の落ち葉が厚く積もった場所に生え、群生していました。
春に株の中心から1〜3本の花茎が立ちあがり、茶で唇弁は白の花、まれに緑や赤、薄黄色と唇弁が桃色や薄黄色のコンビの花を、10〜30輪ほど穂になって咲かせます。地下には球根のような偽鱗茎(バルブ)というものが10個前後連なっていて、エビの背のように見えることから、エビネと呼ばれます。
南西諸島には変種のオキナワエビネ、トクノシマエビネなどが知られていますが、園芸的な価値は高くありません。
春咲きエビネには、ほかにキエビネ(C. striata)、キリシマエビネ(C. aristulifera)、ニオイエビネ(C. izuinsularis)などがありますが、キエビネのほかは育てるのがむずかしく、栽培はおすすめできません。
一方、エビネは同じ場所に生えるほかのエビネ類と自然に交雑しやすく、さまざまな雑種が見られます。キエビネとの雑種で育てやすいタカネ(C. × bicolor) のほか、ヒゼン(キリシマエビネとの雑種)、サツマ(キリシマエビネとキエビネ、エビネとの雑種)、コオズ(ニオイエビネとの雑種)、イシズチ(サルメンエビネとの雑種)などがあります。現在はさらに交配種どうしをかけ合わせて、自然界では見られないような華麗な園芸品種群が登場しています。
「みんなの趣味の園芸」より引用


追記:キエビネはエビネに比べて、花はエビネに似るが、大型で葉の幅も広い。また、花が鮮黄色唇弁の先が2裂しないことで区別できるそうです。


エビネxキエビネの交雑種「タカネ(C. × bicolor)」ではないかと思われます。
IMG_1362
2017/05/07 ぬかた園地にて CANON IXY 3



ランのことよく知らなかったので、花冠のこと調べてみました。なるほど〜〜〜

花の構造
IMG_1345
2017/05/07 ぬかた園地にて CANON IXY 3(トリミング)


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

syousuke0202 at 22:38コメント(0)トラックバック(0)

Share (facebook)  


日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール

syousuke

お気に入りのカメラを連れて、大阪城公園を中心にジョグ&ウォーキングしてます。何か目新しいものがある度にパシャ!

記事検索
最新コメント
ご訪問者数(UU)since2012/7/8
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページ閲覧(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: