2016年05月25日

Triodanis perfoliata Nieuwl (Specularia perfoliata)
IMG_7108-tri
2016/05/21 淀川河川敷左岸毛馬にて Canon PowerShot G7


キキョウ科
キキョウソウ属
キキョウソウ

キキョウソウは北アメリカ原産の帰化植物であり、1年草。道ばたや荒れ地などに生育する。
キキョウソウは春から5月頃までは閉鎖花を形成し、6月になると通常の花を形成して小型ではあるが美しい花を咲かせる。まずは閉鎖花で確実に子孫を残しておき、その後ゆっくりと花を開いて遺伝子を交換することになる。このような戦略はスミレと似ているが、順番は全く逆である。花は葉の腋に2〜3つ付く。葉は茎を抱くように離れて付くので、ダンダンギキョウの名もある。
植物生態研究室(波田研)のHPより引用

ヒナキキョウソウによく似ているが、トップにひとつだけ花を付けるヒナキキョウソウと違って、複数の花が下から順次咲き上がって行くので見分けやすい。
茎の中部以上につく葉は長さ約1.5僉惰円形心脚、無柄で、基部は茎を抱くが、茎の下部の葉は、取れやすく見られないことが多く、広披針形〜円形、短い葉柄があり、基部が茎を抱かない。

IMG_7104-tri-2 IMG_7104-tri-1
2016/05/21 淀川河川敷左岸毛馬にて Canon PowerShot G7

花冠は5深裂し、直径1.5〜1.8僂紫色雄しべ5個、花糸は短く、長さ約1弌∵爐論形、長さ約2弌M困靴拈莉呂如雄性期には花柱は棍棒形。花粉が出終わった雌性期に柱頭は3裂する。萼は先が3〜5裂し、先が尖る。




ヒナキキョウソウ / Triodanis biflora (Ruiz et Pav.) Greene
IMG_7216 IMG_7218
2016/05/22 大川左岸天神橋南詰付近にて Canon PowerShot G7

こちらはヒナキキョウソウ、トップ以外は閉鎖花です。


まだ撮影は出来ていませんが、同じキキョウ科の属違いの植物に、ヒナギキョウ(雛桔梗)という種があります。名前がとても似ていて非常に紛らわしいのですが、上述の2種は外来種であるのに対して在来種だということです。


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ



syousuke0202 at 17:31コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


2016年05月07日

Terpsiphone atrocaudata
DSC_9150
2016/05/04 大阪城公園にて Nikon1 V1 & AF-S NIKKOR 70-300mm F4.5-5.6G


カササギヒタキ科 Dicruridae
サンコウチョウ属 Terpsiphone
サンコウチョウ atrocaudata

日本、台湾、フィリピンのバタン島とミンダナオ島に分布する。日本には、夏渡来し繁殖する。日本で繁殖した個体の多くは、冬季中国南部からスマトラへ渡り越冬する。

全長は雄が約45cm(繁殖期)、雌が17.5cm。繁殖期のオスは、体長の3倍ぐらいの長い尾羽をもつ。羽色は、顔面部が黒紫色、腹部は濁白色、背面はやや赤みのある黒紫色、その他の部分は暗黒紫色で、アイリングと嘴は明るい水色である。 メスは、オスの色彩とほぼ同色であるが、オスと比較してアイリングと嘴の水色は不明瞭であり、更に、背部と尾部はかなり赤みの強い赤褐色をしている。尾羽は体長と同じくらいの長さにしか伸長しない。

平地から低山にかけての暗い林に生息する。繁殖期には縄張りを形成する。
食性は昆虫食で、林内で飛翔中の昆虫を捕食する。
樹上の細枝にスギやヒノキの樹皮を用いたカップ型の巣を作り、外側にウメノキゴケをクモの糸で張り付ける。産卵期は5-7月。抱卵日数は12-14日で、雌雄ともに抱卵する。雛は孵化後、8-12日で巣立つ。
地鳴きは、「ギィギィ」と地味だが、囀声は、「ツキヒーホシ、ホイホイホイ」月・日・星、と聞えることから、三光鳥と呼ばれている。 また、他にも三光鳥と呼ばれる鳥としてイカルがいる。
ウィキペディアより引用


DSC_9026 DSC_9047
2016/05/04 大阪城公園にて Nikon1 V1 & AF-S NIKKOR 70-300mm F4.5-5.6G

5/4(水)
この日の大阪城公園はさすがにゴールデンウィーク、大勢の観光客で賑わっていました。そんな中、どんな夏鳥に出会えるかと期待に胸を膨らませて歩いていたんですが、いつもにまして鳥たちの気配を感じない。そしてバーダーもカメラマンも居ないのです。この日ははずれやったなぁと気落ちしながら豊国神社裏で座り込んで数少ないバーダーと話し込んでいました。

どこどこでクロツグミの雌、どこどこでセンダイムシクイ、これぐらいしか情報は入って来ませんでした。したかないので、クロツグミとムシクイを見て帰ろうかと思っていた矢先に、通りがかりの方から教育塔にサンコウチョウが出てるらしいとの情報が入って、じゃぁ駄目元で行って見ますかと、連れもって移動したんです。

着いてみると、なんと大阪城中のバーダーとカメラマンが集まってるではないですか!
凄い光景です。先日、ヨタカが出たときの桜広場も凄かったけど、この日も凄い!
さすがサンコウチョウは人気者ですね。^^

すらーっと尾の長い雄でした。アイリングも水色でとっても綺麗です。飛んでる姿もとても綺麗な鳥です。光量の少ない林の中で上手く撮れませんでしたが、しっかり観察する事ができました。


オオルリ
DSC_8980
2016/05/04 大阪城公園にて Nikon1 V1 & AF-S NIKKOR 70-300mm F4.5-5.6G


逆光で見ると、お腹が白くて尾の長さ以外はサンコウチョウと似ていそうですが、これはオオルリです。
いつもなら目の色を変えて追い掛け回すほどの人気者なのに、この日はサンコウチョウにお株を奪われて、オオルリ君は人気薄。オオルリが尻目にされるほど、サンコウチョウの人気はダントツなんですね。可笑しなもんです。^^;



DSC_9206-ret DSC_9210
2016/05/05 大阪城公園にて Nikon1 V1 & AF-S NIKKOR 70-300mm F4.5-5.6G


翌日(5/5)、教育塔裏には昨日のサンコウチョウはまだ居たようです。そして、豊国神社東に別の尾の短いサンコウチョウが出ました。しかし、サンコウチョウは去年も出会いましたが、撮るのは難しいです。^^;


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


syousuke0202 at 23:25コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


2016年04月29日

クロアゲハ(黒揚羽、学名Papilio protenor)
DSC_8538
Nikon1 V1 & AF-S NIKKOR 70-300mm F4.5-5.6G

今日(4/29)の大阪城公園は時折強い風が吹いて、こんな日はあまり鳥見には向いていないだろうと半ばあきらめムードで歩いてました。そんな時、黒い蝶が舞って来たので鳥から蝶に変更とばかり、パシャ!(クリックすると大きな写真を見ていただけます。)
クロアゲハだと思います。たぶん。^^;

クロツグミ(黒鶫、学名:Turdus cardis)
DSC_8560

またクロツグミに会えたらいいな、とばかりに林床を探すと運良くすぐに出会えました。^^
そのあと、すれ違いざまに見知らぬバーダーにマミジロは居ましたか?と聴かれて、
「え、マミジロ来てるんですか?」と逆にお聞きしましたら、「〇〇さんのブログに書いてましたよ」とのことでした。みなさん、色々と情報収集してらっしゃるんだと感心しながら、もう一度、マミジロを探しに行きましたが残念ながら出会えずでした。^^;

コサメビタキ(小鮫鶲、Muscicapa dauurica)
DSC_8593

コサメビタキ(小鮫鶲、Muscicapa dauurica)
DSC_8608

場所を変えて、キビタキやオオルリに会えないかとサーチしてると、今シーズン初のコサメビタキに出会えました。いつ見ても可愛いです。


キビタキ(黄鶲,学名:Ficedula narcissina)
DSC_8632

キビタキ(黄鶲,学名:Ficedula narcissina)
DSC_8639

そしてコサメビタキと同じ場所で、期待通りキビタキに出会えました。^^


アオバト(緑鳩、学名:Treron sieboldii)
DSC_8671

アオバト(緑鳩、学名:Treron sieboldii)
DSC_8677

キビタキを追っかけてる最中に、アオバトです。ラッキー!


オオタカ(大鷹、accipiter gentilis)
DSC_8713

オオタカ(大鷹、accipiter gentilis)
DSC_8721

また場所を変えてムシクイを探してると、見知らぬバーダーに聴かれました。

「この鳥、なんでしょう?」
僕みたいな初心者に聞かれても困るんやけどなぁ、そう思いながら言われる方向に双眼鏡を向けました。

オオタカみたいですね。オオタカの若鳥です。」
たまたま知ってたので偉そうに言ってしまいました。(゚゜;)バキッ☆\(--;
百万年早かったです。すんません。m(_)m


なんか偶然の多い日でした。
やっぱ、鳥見って面白いですね。^^


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


syousuke0202 at 21:45コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


2016年04月27日

Turdus cardis
DSC_8297
2016/04/24 市民の森にて Nikon1 V1 & AF-S NIKKOR 70-300mm F4.5-5.6G

DSC_8345
2016/04/24 市民の森にて Nikon1 V1 & AF-S NIKKOR 70-300mm F4.5-5.6G

科 : ツグミ科 Turdidae
属 : ツグミ属 Turdus
種 : クロツグミ T. cardis

夏に主に日本の本州中部以北や中国の長江中流域などで繁殖し、冬には中国南部まで渡って越冬する。西日本では越冬する個体もいる。

体長は22cmほどでツグミよりすこし小さい。日本で記録されたツグミ属の中では、最も小さい種類の一つである。 オスは全身が黒く、腹側は白地に黒の斑点が目立つ。クチバシとアイリング(目のまわり)は黄色。 メスは全身が褐色で、胸から脇腹にかけてが白地に黒の斑点があり、腹は白。
オスメスともヨーロッパに生息するクロウタドリに少し似るが、クロウタドリは全身の羽毛が一様に黒か褐色である点等で大いに異なる。更に、クロウタドリは日本では通常渡来しない迷鳥である。

主に山地や丘陵地の森林に生息し、繁殖するが、平野にある森林にも生息する。繁殖期は番いで生活し、縄張りを持つ。渡りの時期には小さな群れを作り、市街地の公園で観察されることもある。
食性は主に動物食で、林の地面をはね歩きながら、昆虫やミミズなどを捕食する。
繁殖については、木の枝の上に、コケ類や枯れ枝、土を使って椀状の巣を作り、5-7月に3-4卵を産む。抱卵日数は12-13日、14日程で雛は巣立つ。雛の世話はオスとメスが共同で行う。
オスは繁殖期には大きい声で独特の囀りを行う。さえずりは複雑で、さまざまな鳥の声を自分の歌に取り入れることもよくする。日本の夏鳥で最も魅力的なさえずりを聴かせる鳥のひとつといえる。地鳴きは「キョキョキョ」など。
ウィキペディアより引用


DSC_8239-tri DSC_8279-tri
2016/04/24 市民の森にて Nikon1 V1 & AF-S NIKKOR 70-300mm F4.5-5.6G

今シーズン初めてのクロツグミです。
地面でぴょんぴょん跳ねながら採餌してることが多いので、一度見つけると観察しやすいのですが、林床は薄暗くて私の使用するレンズでは撮りにくい。身の丈も考えずに明るいレンズが欲しいと思ってしまいます。^^;

木の枝に止まってたときに動画も撮ってみました。しかし、週末の公園はにぎやか過ぎてその鳴き声もかき消されてしまいとても残念。都市公園の宿命ですね。でも、クロツグミに会えてラッキー♪



IMG_6787 IMG_6788
2014/04/26 ぬかた園地にて Canon PowerShot SX50 HS

IMG_6790 IMG_6798
2014/04/26 ぬかた園地にて Canon PowerShot SX50 HS


で、上の4枚は過去写真ですが、生駒山を歩きながら途中のハイキング道で撮ったものです。
凄くパワフルに地表を突っつく姿に驚きました。地表の枯葉をひっくり返すところはよく見かけますが、砂煙が上がるほど激しく道端を突っついていたのは初めてです。



IMG_6285 DSC_4313-tri
左:2014/04/23 市民の森にて         右:2015/04/11 モミジ広場にて


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


syousuke0202 at 23:08コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


2016年04月24日

Coccothraustes coccothraustes
DSC_8158
2016/04/24 大阪城公園にて Nikon1 V1 & AF-S NIKKOR 70-300mm F4.5-5.6G


アトリ科 Fringillidae
シメ属 Coccothraustes
シメ C. coccothraustes

蝋嘴鳥(ろうしょうちょう)という異称がある。「シー」と聞こえる鳴き声と、鳥を意味する接尾語である「メ」が和名の由来となっている。

全長約18cmで、スズメより大きく、ヒバリほどの大きさである。
雄の成鳥は、頭の上部と耳羽が茶褐色、頸の後ろは灰色。嘴は鉛色、円錐で太く大きい。冬羽になると肌色になる。風切羽は青黒色、背中は暗褐色、尾も暗褐色で、外側尾羽に白斑がある。目からくちばしの周りやのどにかけて黒色で、胸以下の体下面は淡い茶褐色。
雌は雄より全体的に色が淡く、風切羽の一部が灰色。
コイカルの雌と似ているが、コイカルのほうがずっと細身で尾も長い。

平地から山地の落葉広葉樹林や雑木林に生息する。また、市街地の公園、人家の庭でも見ることができる。
ムクノキ、エノキ、カエデなどの種子を主食とする。果肉の部分は摂取せず、太い嘴で硬い種子を割って中身を食べる。
地鳴きは「チチッ」「ツイリリーッツー」。他のアトリ科の鳥と比べると鋭い声である。

ヨーロッパ中部および南部からロシア南部を経て中国東北部、サハリン、カムチャツカ半島までの、ユーラシア大陸中部域に広く分布する。北方で繁殖した個体は、冬季南方へ渡る。
日本では北海道や本州の中部以北で繁殖するほか、冬鳥として本州以南に渡来する。
ウィキペディアより引用


DSC_8187 DSC_8162

やっと出会えました!
じつはシメとははじめての出会いです。まだまだ鳥を見つけるのが初心者レベルで、アトリ科の鳥たちで分かるのはイカルだけかもしれません。最近ようやくカワラヒワが分かるようになってきたくらいです。^^;
今日も初めてシメと出会ったにも関わらず、写真の場所から見失った後、もう一度見つけることは出来ませんでした。残念です。 (T^T)


<追加>
DSC_2084
2017/02/11 大阪城公園梅林にて
Nikon1 V1 & AF-S NIKKOR 70-300mm F4.5-5.6G


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ



syousuke0202 at 22:58コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
ご訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページ閲覧(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: