2020年05月04日

Papaver setigerum
IMG_1180
2020/04/16 canon IXY640 にて

ケシ科 Papaveraceae
ケシ属 Papaver
アツミゲシ P. setigerum
アツミゲシは、ケシ科ケシ属の一年生植物(越年草)。和名は、1964年に愛知県渥美半島の沿岸部において日本への帰化が発見されたことに由来する。

日本ではあへん法で栽培が原則禁止されている種に指定されている。なお、保健所や警察においては学名の種小名に由来するセティゲルム種で呼ばれることが多い。
ウィキペディアより引用


近所の手入れされていない花壇にハルジオンやヒメコバンソウ、ナガミヒナゲシなどの雑草に紛れてポツンと咲いていました。自然発生したものだと思いますが初めて見る野草です。こんなポピーは見たことが無いけどなんて名前かなぁ、黒点入りのナガミヒナゲシみたいなものかな? それともモンツキヒナゲシの仲間? などと考えながら写真に撮って帰りました。

調べてみると、どうもアツミゲシのようです。葉はヒナゲシのように深裂せず葉柄は無く耳たぶ状に茎を抱くように互生。アツミゲシで間違いなさそう。まさかアヘンの取れる栽培が違法のケシの仲間とは思いもよらずびっくり仰天しました。w(゚o゚)w

IMG_0940

IMG_0944
2020/04/16 canon IXY640 にて

アツミゲシ P.setigerum は、全体的にケシより小型で、丈は、50〜100cmになります。 花は、赤や紫色があり、多くの花をつけます。 葉の基部が茎を抱くところや、葉色はケシと同様です。花の下の茎には剛毛(種小名 setigerum の意味)があり、ガク片にも毛が生えるところがケシとの違いです。

和名は、1960年代、渥美半島で繁殖していたのを発見されたことから命名されたものです。以後、各地で雑草化していて、毎年、相当数の抜き取りが行われています。 2008年には、イベント会場で、数万本のアツミゲシが誤って栽培されていたこともありました。

ケシ坊主が小さいため、乳液のかきとりという方法では採取が難しく、実際の利用はされていません。また有用なアルカロイドの含有量も少なく、商業的にもなりたたないといわれています。
ウェブサイト『植物図鑑 自己流〜♪』より引用



もう少し詳しく観察してから保健所に連絡しようと思ってる矢先に、どなたか他の方が駆除されたようです。残念なような、安心できたような複雑な気分です。(^^;)

ケシと、小型のアツミゲシ、 オニゲシに似ているハカマオニゲシは、全草にアヘンアルカロイドを含んでいます。 アヘンアルカロイドが含まれる植物は、2つの法律によって規制されています。
ケシとアツミゲシは「あへん法」により、また、ハカマオニゲシは、「麻薬及び向精神薬取締法」によって規制されています。 麻薬の所持はもちろんのこと、3種類の植物については、許可なく栽培することも、その花びら1枚を持つことも許されていません。 日本のアヘンを含むケシ属の管理については、世界で最も厳しい法律といえます。
例外は種子で、ほとんどアルカロイドを含まないため、発芽しないように加熱処理したものを、食品として自由に利用することができます。 種子は「けし粒のように」と小さなものの例えとされます。アンパンの上についている小さな粒々が、そのケシの種子です。 けし粒は、七味唐辛子などにも入っています。
ウェブサイト『植物図鑑 自己流〜♪』より引用

花びら1枚も持つことが許されてないとは、危ない、危ない、持って帰りそうやった!
(-_-;


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

syousuke0202 at 20:29コメント(0)

Share (facebook)  


2019年09月16日

Gasteruption japonicum ♀
IMG_5498-tri
2019/09/14 生駒山ぬかた園地にて CANON IXY 3


ハチ目
細腰亜目
コンボウヤセバチ科

大きさ 14-20mm
時 期 5-8月
分 布 北海道・本州・四国

黒色でとても細長く、腹部に朱色の縞があるハチ。
ハナバチの幼虫などに寄生するとされる。
昆虫エクスプローラより引用


この昆虫に関しての情報はかなり少なく、日本ではGasteruption属1属4種が知られる小規模なグループのようです。詳しくは下記サイト参照
Information station of Parasitoid wasps



IMG_5492-tri

IMG_5514-tri

IMG_5497-tri


生駒山を近鉄額田駅に向かって下山中に出会いました。
なにか糸のようなものが飛んでいるのです。イトトンボの超細いものかと思いカメラを向けました。正確には分かりませんが糸のような部分を含めて3僂らいの大きさでした。自宅に戻ってから画像を見てみると、イトトンボではなく見知らぬ初見の昆虫です。

よく見ると長い産卵管を持つ蜂の仲間のように見えますが、なにぶんコンデジで片手間に撮ったので詳細の分かり辛い画像になってしまいましたが、詳しい方にオオコンボウヤセバチ♀であると教えていただきました。オオとヒメの違いは産卵管の長さだそうです。そしてこの糸のような部分自体は産卵管の鞘のようなもので、実際にはさらに細い産卵管が中に納まっているようです。

こんな動画を見つけました! 凄く分かりやすくて素晴らしい動画です。



この出会いには久しぶりに感激しました。もう一度、しっかり観察したいです。


<追記>
お友達のブログにも掲載されていました。見逃してました。(^^;)
あしたは晴れる? - コンボウヤセバチ♪ -



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


syousuke0202 at 18:27コメント(0)

Share (facebook)  


Lycianthes rantonnetii
DSC_3384
2019/09/08 鶴見緑地にて Nikon1 V1 & AF MICRO NIKKOR 60mm 1:2.8

DSC_3376


ナス科(Solanaceae)
メジロホオズキ属(以前はナス属に分類)
ソラナム ラントネッティ(Lycianthes rantonnetii)
[備考] 旧学名であるSolanum rantonnetiiの読みで流通しています。
和名:シホウカ(紫宝華)

〔基本情報〕アルゼンチン〜パラグアイ原産
高さ1.5〜2mになる半常緑低木。
枝に刺はなく、毛もほとんどありません。
葉は互生する単葉で、長さ10cmほどの卵形、縁は波状になります。
葉腋から集散花序を出し、径2〜3cmほどで青紫色〜紫色の花をつけます。
花冠は先が浅く5裂し、周辺部の色が薄くなります。
果実は液果で赤く熟します。

〔栽培〕増殖は挿木によります。
霜が降りない暖地では戸外越冬可能です。
日当たりと水はけのよい場所を好みます。
日当たりが悪いと花つきが悪くなります。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は夏に晴天が続いて乾燥しないかぎりは降雨にまかせます。
施肥は元肥を施せば特に必要ありませんが、鉢植えの場合は春と秋に緩効性化成肥料を置き肥してもよいです。
病虫害は特にありません。

エバーグリーン植物図鑑より引用


DSC_3390
2019/09/08 鶴見緑地にて Nikon1 V1 & AF MICRO NIKKOR 60mm 1:2.8


咲くやこの花館の南東の位置に植えられた低木です。ひときわ目立つ紫色の花に惹かれて近寄ってみたんですがこの樹木は初見です。花を見てナス科だろうとあたりを付けたのが正解ですぐに検索ヒットしました。^^b


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


syousuke0202 at 12:30コメント(0)

Share (facebook)  


2019年06月13日

Lippia alba
IMG_3049
2019/06/12 咲くやこの花館にて Canon PowerShot G15


Family: Verbenaceae(クマツヅラ科)
Genus: Lippia(リッピア属)
Species: L. alba(リッピア・アルバ)

日本では馴染みのない、このランタナに似た花の正体は、中南米原産のリッピア・アルバ。
花は葉の付け根に2個並んで咲き、小さいランタナそっくり、花はやや地味ですが、強健なので、パーゴラやスタンド造りに最適、素晴らしい精油成分を含みます。
豊富な精油成分を含み、肉・魚料理、お茶に利用されたり、アロマオイルの原料とされる。
現地では、民間薬としても使用されており、鎮静、鎮咳、利尿作用があるとされている。

『ファンタジア』webより引用



IMG_3053

IMG_3048


大阪鶴見緑地にある『咲くやこの花館』、国内最大級の大温室を持つ植物園です。ここの温室内ではなく戸外に地植えされていました。見た目には『コバノランタナ』を思い浮かべたのですが、似てるけど違う。何かな? 初めて見る植物です。なのにネームプレートは無い。まるで植えたのではなく、こぼれ種から自然発生したような感じでした。とても植物園とは思えません。(^^;)

少し葉を触ったときに手に移った匂いはランタナの葉と似た香りがしたので、見た目と香りから『ランタナ』の仲間だと直感しました。花はよく見ると、ヒメイワダレソウにも似ていますがいずれにしてもクマツヅラ科の仲間です。自宅に戻ってからクマツヅラ科で検索すれば簡単に見つかるだろうと難しく考えずにいました。ところが検索ヒットしないのです。結局、詳しい方に教えて頂いて名前が分かりました。名前が分かっても国内のウェブではあまり検索ヒットしません。栽培は難しくなさそうに見えましたけど、栽培する人が少ないのでしょうね。

長い間、この植物のことが詳しく分からなかったのでこの記事は下書きのままでしたが、ほぼリッピア・アルバで間違いなさそうなので遅くなりましたが公開します。間違いなど気付かれましたらご一報いただければ幸いです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

syousuke0202 at 20:47コメント(1)

Share (facebook)  


2019年05月13日

Papavet・dublum L.
0430 ヤフ知恵 G15
2018/04/30 Canon PowerShot G15


0430 IMG_3005 G15
2018/04/30 Canon PowerShot G15


ケシ科 Papaveraceae
ケシ属 Papaver
ナガミヒナゲシ P. dubium


住宅街の更地に、おそらくナガミヒナゲシの群生と思いながらもあまりにも立派なお花畑に見えたので近付いてみた。しかし何か違う。よく見ると花弁に黒い模様が入ってる!
これは初見です。何かなと観察し始めても、見れば見るほど花弁の模様以外はナガミヒナゲシにしか見えない。調べてみるとまだ現物にはお会いしたことないが、『モンツキヒナゲシ』というポピーがヒットしたが、どうもこれではなさそうだ。やはり『ナガミヒナゲシ』がもっとも似ている。黒い模様以外は!

色々調べてみた結果、どうもナガミヒナゲシと同種のようです。
葯なり花糸なりからの雨や湿気との兼ね合いでのタイミングによる色移りの可能性(実際それが顕著な植物もある。)もあるそうですが、これがそれに該当するかどうかも定かではないようです。


0502 IMG_9269 sx50
2019/05/02 Canon PowerShot SX50 HS

この群生を観察してみると、無斑紋から濃い斑紋のものまでが存在しますが、ほとんどすべてのものに『黒い模様』が確認できます。そして対向する2枚の花弁に出ているものが多いが、1枚、2枚、3枚、4枚とどのパターンも確認できます。いままで斑紋の無い無地のナガミヒナゲシしか見たことが無かったので、印象としては遺伝的な変異のように感じました。


0513 IMG_3038 G15
2019/05/13 Canon PowerShot G15

最初の発見から約2週間後に同じ群生を観察してみましたが、様子が変わってました!
ほとんどが無地の見慣れたナガミヒナゲシです。

こうなると遺伝的に継続して黒い斑紋が出るのか、特定の条件下に出現する色移りなのか分からなくなります。まぁ素人なのでそこまで難しく考える必要はありませんが、それでも気になりますね。(^^;)



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


syousuke0202 at 17:40コメント(2)

Share (facebook)  


日本ブログ村ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

お気軽にどうぞ!
足あと帳

index(目次)
月別アーカイブ
プロフィール

syousuke

お気に入りのカメラを連れて、大阪城公園を中心にジョグ&ウォーキングしてます。たまには遠出もします。そして何か目新しいものがある度にパシャ!

記事検索
最新コメント
ご訪問者数(UU)since2012/7/8
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページ閲覧(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: